正確な加工

自作治具

途中から始まり途中で終わる正確な溝が掘れる自作治具

トリマーで、正確な位置から途中で始まり、正確な位置で終わる溝を加工することは、とても難易度の高い加工です。トリマー歴が30年近くなる私が、それを実現するストッパー付きのトリマーガイドを自作し、作り方の詳細を解りやすく説明しています。
自作治具

自作の45度切断治具を使って隙間のない額縁を作る秘訣(額縁シリーズ1)

木工DIY作業でも人気の高い額縁の製作は、実は木工初心者にはとても難易度の高い加工です。私の紹介する45度切断治具を使えば、今まで何度やっても何処かに隙間が出来てしまう45度の切断加工が、隙間のない精度の高い加工が出来るようになります。
製作実例

段欠き加工と溝加工でほぞに挑戦!|ペン立ての製作例

難易度が高い加工と言われているホゾ加工をトリマーを使って、メス側の溝を基準にホゾを作り上げる手順を画像で解りやすく紹介しています。今までは職人にしか出来ないと思われていたホゾ加工が、トリマーで製作が可能だと言うことがお分かり頂けるでしょう。
接着

ダボの位置合わせを失敗させない秘訣

ダボを使う加工は手軽な反面、難易度の高い加工が要求される場面があります。この記事では、そんな難易度の高い2つの加工例を、木工DIYの初心者の方でもその手順通りに加工すれば出来ようになる秘訣を画像を入れながら、分かりやすく説明しています。
木工の基礎

木工DIY 初心者が上手く行かない理由

30年ほど前は、私も木工の初心者でした。当時の私は、どの家庭にもあるのこぎりやとんかちで木工作業をしていました。木工DIYの初心者の方が、木工が上手く行かない理由は、そんな難易度の高い手工具を使うことが多いからです。手工具を電動工具に変えるだけで、正確性と効率がアップします。
加工

のこぎりの使い方のコツ

木工DIYの初心が、のこぎりを真っすぐに切断し、しかも切断面を直角にすることは、とても難易度の高い作業です。ここでは、木工DIYの初心者でも、精度の高い切断加工が出来る2つの秘訣とその秘訣の1つであるソーガイドの調整の仕方と使い方を写真で示しながら分かりやすく解説しています。
加工

ジグソーの使い方

木工ジグソーは、危険度も少なく、木工DIY初心者の方の切断する加工の幅が大きく広がる工具です。丸ノコ同様、直性を切るための治具を紹介し、誰にでも正確な直線が切断出来るようになります。また、曲線を切る時のジグソー本体の動かし方のコツを紹介しています。
墨線

木工DIYの精度を決める墨線の引き方

いくら木工作業の正確な切断が出来ても、基準となる墨線が精度の高いものでないと、次工程の切断作業に大きな影響を及ぼします。ここでは、木工DIY 初心者の方でも精度の誤差を1㎜以下にする墨線の引き方を解説しています。
加工

木工トリマーの使い方【超初心者向け:初めて触るトリマー】

木工用トリマーを使うことで、木工の加工の幅が大きく広がり、面取りのような装飾的な使い方だけではなく、自作トリマー治具を使うことでプロしか出来ないと思われている溝を掘ったり、ホゾ加工まで木工diy初心者でも出来るようになります。
加工

丸ノコの使い方

丸ノコは便利な工具ですが、危険度も高い電動工具です。丸ノコを安全に使うポイントと丸ノコで正確な切断をするためのベースプレーと刃の直角とベースプレートと刃の平行度の確認しておくことも必要です。そんな丸ノコの安全性と正確性を確保する方法を図や画像を入れて解りやすく説明しています。
スポンサーリンク